農場紹介

わたしたちの「いちえん農場」は高知県四万十市名鹿という、四万十川の河口からほど近い場所で、太平洋が一望できる高台にあります。5万平方メートルの敷地に完全無農薬栽培の果樹畑があり、そこで土佐ジローを放し飼いしています。

この豊かな自然に囲まれた農場の環境が持つ「自然本来の力」=「自然の循環サイクル」を大切にし一切の化学農薬、化学肥料を使用せず、安心安全はもちろん、美味しく食べられるモノづくりにこだわっています。

太陽、海、風、畑の土や草木、ミツバチや土佐ジローの働きなど、自然の力に「感謝」しながら、いちえん農場は「今日もがんばります!!」

四季のこと

たけのこ・わらび春、新緑の季節には裏山でタケノコやワラビなどの山菜が豊富にとれます。うれしい半面、この時期は畑の雑草との戦いです。いくら土佐ジローたちが雑草を食べてくれると言っても、全ては無理なワケで、放っておくと果樹畑は雑草で覆われてしまいます。山菜採りばかりしてもいられず土佐ジローたちに手伝ってもらいながら草取りに勤しんでいます。この時期は産卵率が最も高く、人間同様、鶏さんも最もすごしやすい季節なんでしょうね。

木陰で休む土佐ジロー夏になると土佐ジローたちは南国土佐特有の蒸し暑さから卵をあまり産んでくれなくなりますが、天然のクーラー(海からの潮風)と果樹の木陰が暑さから守ってくれます。早く秋になればいいんですが、毎年、晩夏には台風がやってきます。海沿いで高台という立地上、つねに暴風です。鶏舎が吹き飛ばされたこともありました。あまりの暴風に土佐ジローが怯えて卵を産んでくれない時もあります。鶏に卵を分けてもらっている以上、仕方のないことです。これも自然です。畑では小夏や仏手柑などの柑橘類が収穫されます。

無農薬レモン秋には気候もすごしやすくなり土佐ジローたちも沢山卵を産んでくれます。
畑では無農薬で育ったレモンやニホンミツバチの蜂蜜(百花蜜)が収穫されます。

無農薬ポンカン冬になるとポンカンの収穫、出荷で大忙しになります。土佐ジローたちは忙しい僕を尻目に日向ぼっこしていますが、我が家の子供たちは時間があれば手伝ってくれます。また、近くの保育園や小学校に通う子供たちを招待し、収穫体験をしてもらっています。そこで自然の大切さや命の大切さについて学んでもらえるよう教育の場づくりにも取り組んでいます。

地域のこと-四万十市名鹿(なしし)

四万十川高知県四万十市名鹿は「日本最後の清流」と言われる四万十川の河口域に位置します。名鹿には手付かずの自然がたくさん残っていて、海、山、川の豊かな自然が一度に満喫できる珍しいところです。
眼前には水平線を見渡せる砂浜があり、周囲が山々に囲まれていているので、鳥の声、風、波の音しか聞こえてきません。
名鹿・海岸「プライベートビーチのあるリゾート地に来たみたい。」とよく言われます。
また、名鹿には四万十川の恩恵を大きく受ける名鹿漁港があります。新鮮な魚介類がたくさん獲れ、漁師さんがお裾分けをくれたり、物々交換をして(卵がカツオに化けます)美味しい海の幸を頂いています。いちえん農場にも近所の人たちが呼んでもいないのに山菜や柑橘類を勝手に取りにきています(笑)。
名鹿のみんなが家族って感じです。

豊かな自然と昔ながらの人付き合いがある四万十市名鹿。今は少なくなった「古き良き日本」が残っているところです。とっても田舎ですが、お近くへお越しの際には、是非リフレッシュしに遊びに来てください!


より大きな地図で いちえん農場 を表示

農場メンバーのこと

info@ichiyen.net